ろ過装置、排ガス処理、騒音防止、ミスト分離装置を個別のニーズに応え最適設計で提案します。

ミウラ化学装置株式会社ミウラ化学装置株式会社

close

PRODUCTS / 事業紹介

排ガス処理・脱臭事業

クリーンな空気を

VOCガス処理
・回収装置

VOCガス処理・回収装置

環境問題への意識の高まりや関連法規制の強化にともない、VOC(揮発性有機化合物)をはじめとする化学物質の削減が、製造業における喫緊の課題となっています。
「排ガス処理のエキスパート」としての過去40年間に蓄積した豊富なノウハウと納入実績から、 ますます高度化するニーズに対応したVOCガス処理/回収装置のカスタム設計、据付工事、アフターサービスをご提供します。

オキシタック

オキシタック

VOCガスを予熱バーナーによって分解に必要な温度(200~400℃)まで加熱します。
加熱されたVOCガスは、触媒酸化塔に入ります。ここで貴金属触媒に接触することによって酸化反応が行われ、VOCが分解処理されます。
浄化されたガスは、熱交換器を通り大気に放出されます。

特長
  • 199.99%以上のVOCを酸化する高い処理効率。
  • 2ガスの流れが一方向であるため、処理効率が常に安定。
  • 3直接燃焼方式に比べ、低温(200~400℃)で処理ができ、燃料費を1/3以下に節減。
  • 4低温で処理ができるため、サーマルNOxの生成による二次公害が皆無。
  • 5都市ガス、LPG、灯油、A重油、電気、または蒸気と予熱熱源の選択肢が豊富。
  • 6完全自動化運転が可能。

オキシタック

オキシタック

ハニータック

ハニータック

活性炭またはゼオライトを特殊成形したハニカム状ローターを用いており、単位面積あたりの風量が大きくとれます。 VOCガスは、ハニカムローターを通る間に吸着浄化され、大気に放出されます。 吸着されたVOCは、ハニカムローターの回転により脱着部に送られ、少量の加熱エアによって脱着され、濃縮ガスとして回収されます。 これらの工程は、ハニカムローターの回転によって連続的に行うことができます。 脱着用加熱エア量は、原ガス量に対して1/5~1/15で、濃縮ガス中のVOC濃度は、原ガスと脱着用加熱エアとの比率にて濃縮されます。

ファイバータック

ファイバータック

極めて細い繊維を不織布にした、活性炭繊維を吸着材として用います。
活性炭繊維は、脱着速度が速いため、脱着再生を10分以内に行うことができます。

特長
  • 1活性炭繊維による高い吸着効率。
  • 2活性炭繊維による高い吸着効率。
  • 3凝縮水のpH低下が少ないため、耐食材料を使用する必要がなく設備費が安価。
  • 4完全自動化運転が可能。

導入事例

T市ごみ清掃工場様に「排ガス洗煙設備」

都市ごみ清掃工場でごみを焼却する際には、さまざまな有害なガスが発生します。本設備は、有害ガス…[ 続きを見る

Kバイオマスセンター様に「脱臭設備(薬液洗浄塔)」

本設備は、家畜糞堆肥化施設において、臭気を処理するために導入されたものです。堆肥化設備では、…[ 続きを見る

導入事例をみる