ろ過装置、排ガス処理装置、脱臭装置、サイレンサー、ミスト分離装置のメーカーです。

ミウラ化学装置株式会社ミウラ化学装置株式会社

close

ABOUT MCE/ミウラについて

ABOUT MCE
ミウラについて
ミウラの強み 会社概要 アクセス 沿革
特許 環境への取り組み 資材調達 頭の体操

環境への取り組み

1. 環境方針

経営方針、環境方針、行動指針を下記に示します。

経営方針

経営理念
「人、環境、そして製品への思いやり」

私たちは、事業を通じて世の中の進歩発展に貢献します。
そのために、社員がいきいき働ける、良い社風をはぐくみます。

環境方針

私たちは将来世代のため、企業活動を通じて環境保全に貢献する責任を果たします。

行動指針

  1. 製品開発と改良を行い、環境負荷が低い装置を提供します。
  2. 節電、節水、廃棄物削減、グリーン購入に取り組みます。
  3. 環境関連法規を順守します。

2. 事業活動の概要

1)事業者名および代表者氏名

ミウラ化学装置株式会社 代表取締役 三浦 紀彦

2)所在地

本社工場 〒587-0042 大阪府堺市美原区木材通2-2-1
東京支店 〒170-0004 東京都豊島区北大塚2-17-10

3)管理責任者氏名および担当者連絡先

管理責任者 品質保証部次長 三好 亘 (TEL:072-362-0524)
担当者   総務部係長   渡辺 哲治(TEL:072-362-8020)

4)事業の内容

環境装置、ろ過装置の製造販売

  1. a)プール・浴槽水処理事業

     (プール用ろ過装置「A-1フィルター」、MS型砂ろ過装置ほか)
  2. b)工業用ろ過・排水処理事業

     (ウルトラフィルター、半値シックナー、2秒分離機ほか)
  3. c)排ガス処理・脱臭事業

     (排煙脱硫、排煙脱硝、脱臭、集塵、VOCガス処理回収装置ほか)
  4. d)騒音防止・ミスト分離事業

     (サイレンサー、ミストセパレーターほか)

5)事業の規模

資本金 売上高 社員数 延床面積
49百万円 約29億円 90名
内 東京支店18名
4054m2
内 東京支店250m2

組織図

3. 環境目標と実績

項目
2015年実績
1)電力使用量
[MWh/年]
118.6
2)水道使用量
[t/年]
1,371
3)廃棄物排出量
[t/年]
14.6
項目
2016年実績
1)電力使用量
[MWh/年]
117.8
2)水道使用量
[t/年]
1,811
3)廃棄物排出量
[t/年]
16.3
項目
2017年実績
1)電力使用量
[MWh/年]
122.0
2)水道使用量
[t/年]
1,129
3)廃棄物排出量
[t/年]
16.2
項目
2018年設定
1)電力使用量
[MWh/年]
120.0
2)水道使用量
[t/年]
1,100
3)廃棄物排出量
[t/年]
16.0
項目
2018年実績
1)電力使用量
[MWh/年]
120.8
2)水道使用量
[t/年]
1,468
3)廃棄物排出量
[t/年]
16.5
項目
2019年設定
1)電力使用量
[MWh/年]
120.0
2)水道使用量
[t/年]
1,300
3)廃棄物排出量
[t/年]
16.0
取 り 組 み 計 画 結 果 の 評 価
1)電力使用量の削減
 【設定】
  120.0MWh
 【達成手段】
  (1)ウォームビズ、クールビズ〈室温管理〉
  (2)照明管理の徹底
  (3)定期的なエアコンフィルター清掃
  (4)待機電力の削減
  (5)太陽光発電の導入
  (6)省エネ照明の導入
  (7)省エネエアコンの導入

評価 △
前年比 1.0%減
設定比 0.7%増

今夏の猛暑でエアコンがフル稼働したにもかかわらず、全社電力使用量は、昨年より削減することができた。
拠点別では東京支店で昨年比110%と増加していることから、より一層の削減に取り組む。

2)上水道使用量削減
 【設定】
  1,000t/年
 【達成手段】
  (1)節水ラベルの貼付
  (2)A-1試験水量の節減
  (3)漏水の監視 (1回/月)
  (4)節水便座の導入

評価 ☓
前年比 30.0%増
設定比 33.5%増

A-1フィルターテストの洗浄工程を見直したことで使用量が増加した。
砂ろ過機のテストを多く行ったことも影響した。

3)廃棄物削減
 【設定】
  16.t/年
  【達成手段】
  (1)廃棄物分別の徹底
  (2)購入品包装材の再利用
  (3)外注作業廃棄物の持帰り徹底
  (4)自販機廃棄物の分別と業者持帰り
  (5)製品、購入品包装の簡素化
評価 ☓
前年比 1.9%増(内訳 一般ゴミ 0.5%増 、産廃 2.3%増)
目標設定比 3.1%増

全体として増加しているが、産廃増の要因は、プラスチック系の梱包材が 今回より一般ゴミではなく、産廃扱いとなったことによる。
4)総括(結果と今後の方針)

上水道・廃棄物は、前年比・設定比ともに未達となった。
製品受注の増加やテスト工程の見直しの要因もあるが、継続的に削減に努める。
電力は前年より削減できたものの、設定値には届かなかった。
今後も社員の健康に配慮しながら節電に取り組む。

ABOUT MCE
ミウラについて
ミウラの強み 会社概要 アクセス 沿革
特許 環境への取り組み 資材調達 頭の体操